外反母趾を自宅で改善

タオル寄せ運動

タオル寄せ運動は足指の付け根の筋肉を鍛え、
足のアーチが崩れてしまうのを予防する効果があります。
たまに行うのでは効果は出にくいので毎日習慣的に取り組むようにしてください。

 

イスに座り床にタオルを置きます。
片足ずつ5本の指を全部使ってタオルをたぐり寄せ、
指でつかんで持ち上げます。
このとき15秒以上持ち上げることを意識してください。

 

これを反対の足でも行います。

 

これを数回繰り返します。

 

指を曲げるだけの動作ではあまり効果はありません。
あくまでも目的は外反母趾の原因である「開張足」の改善、
第三間接を柔軟にし、横アーチを鍛えることが目的です。
これを忘れてはいけません。

 

間接が硬くて曲げられない方は間接を柔らかくするストレッチと並行して行ってください。
いずれにしても、指を曲げるときに痛みを強く感じる場合はトレーニングすることで、
症状を悪化させてしまう場合もありますので自分の足の状態をよく把握した上で
実施するようにしてください。