外反母趾を自宅で改善

足指じゃんけん

足指じゃんけんをすることで普段動かさない足指を動かして指を広げるトレーニングです。
足指じゃんけんで眠っている筋肉を目覚めさせましょう。

 

裸足になり、床に座り、足を前に投げ出します。
左右それぞれの足指でじゃんけんをします。

 

グー:全ての足指を丸める、指先だけでなく間接のところから握るつもりで。
チョキ:グーの状態から親指だけを立てた形。
パー:全ての指の思い切り開く。

 

この3つの形を左右それぞれの足で数回繰り返し、
次に、両足一緒に行います。

 

やり方は単純ですが、慣れないと意外と難しいかと思います。
できるだけ毎日行い慣れていきましょう。

 

似たようなトレーニング方法でグーパー運動があります。

 

曲げるのは指ではなくその付け根にあたる、
第三間接を思い切り曲げることが正しい「グー」の運動です。

 

どちらも最初からうまくできないので初めは手を使い、痛みの限界に近い所まで、
曲げたり開いたりを繰り返しやっていきましょう。
強さの目安は、次の日の朝まで痛みが残らない程度で、
朝痛みが残っていなければ更に強くしてください。
次第に足指の可動域も広がり、踏ん張る力がついてきます。