テーピング

テーピング

変形してしまった足の指をテーピングして矯正するという改善方法です。

 

一度覚えてしまえば誰にでも簡単にできるということがテーピングのメリットです。

 

テーピングは痛みの有無に関わらず外反母趾の改善方法として効果があります。
テーピングを実践する際は、足の親指の変形度合いや痛みの有無に応じて
テープの巻き方を変える必要があります。
また、テープの伸縮性にも違いがありますので、症状に合わせた最適なテープ選びが大切です。

 

テーピングは症状の改善に大きな効果がありますが、即効性のあるものではなく、
症状の度合いなどによっても改善にかかる時間には差があります。
長期間続けていくことで一定の効果を感じることができる改善方法だと言えます。

 

また、テーピングはただ単に患部にテープを巻けば良いというものではなく、
間違った方法でテーピングを行うと正しい効果を得ることができないだけでなく、
続けてしまえば外反母趾が悪化してしまう恐れもありますので、
自分で行う場合は正しいテープの巻き方を確実に身につけることが重要です。

 

テープの巻き方はそれほど難しいものではありませんが、ある程度のコツが必要になりますので、
慣れるまでは専門医に正しく巻いてもらい、その後自分で練習しコツを掴むようにしましょう。
そのため、外反母趾対策にテーピングを行う場合は、まず整形外科や整骨院などで
正しいテーピング方法をしっかり教わるようにしましょう。
正しい方法をしっかりマスターすることで、自宅でも簡単にテーピングをすることができます。