外反母趾の原因

外反母趾の原因

外反母趾の原因には外的要因と内的要因が関与していると考えられています。

 

外的要因(環境要因)

外反母趾とはでも解説していますが、サイズの合わない靴は
外反母趾の一つの原因と考えられています。

 

また、生活習慣の変化も関係しています。
近年の社会状況の変化から、靴を履いたままでの長時間の立ち仕事が増えたことも
原因として挙げられています。

 

現代社会では足の筋力は低下する傾向にあり、
アーチの消失した扁平足(へんぺいそく)や開張足(かいちょうそく)の人が増えており、
これが外反母趾を生じやすくしている要因の一つにもなっています。

 

内的要因(遺伝的要因)

外的要因が思い当たらないにもかかわらず外反母趾になる人もいます。
このような人には何らかの内的要因があると考えられます。

 

外反母趾の発生率は男女比で1:10と圧倒的に女性が多いことが知られています。
これは一般的に女性の方が関節が柔らかく、筋肉の発達も弱いことが起因しています。

 

また、足の形態的特徴が挙げられます。
先天的に扁平足である場合や、親指が人差し指より長い人は
外反母趾になりやすいと考えられています。

 

遺伝的要因は認められていませんが、外反母趾になりやすい足の特徴は親子で遺伝するため、
そういった意味では遺伝しやすいと言えるのかも知れません。
従って親が外反母趾の人は注意する必要があります。