知識を高めましょう

良い歩き方と悪い歩き方

外反母趾の対策・予防の一つとしては歩き方の改善があります。
どんな歩き方をすれば予防・対策となるのでしょうか。
逆に言えば、悪い歩き方をしてないかの確認が必要です。
では、外反母趾の原因となる悪い歩き方について説明します。

 

それは、ペタペタやスルスルと歩く歩き方です。
このような足の指先を使わない歩き方が悪い歩き方です。
この歩き方だと足の指を使わないことになります。
指先を使わないことで指に関係する筋肉が弱くなり、足が退化してしまいます。
同じように、ヒールが高い靴を履くと足指で踏ん張れないため、
足が退化しやすく外反母趾になりやすいことになります。

 

では、足指を使う歩き方について説明します。
まず、かかとから着地し、次に土踏まずに体重移動します。
最後につま先に体重を移動して次の一歩を踏み出してください。
この歩き方をすると、つま先で地面を蹴ることになりますので、
つま先の運動により足裏の筋力が強くなります。
つまり、かかと→土踏まず→つま先への体重移動が正しい歩き方となります。

 

この正しい歩き方を実践するには、膝を上げる、自分の適した歩幅で歩く、
背筋を伸ばす、腕を自然と振るなど、横着な歩き方をしないことが重要です。
日常的に自分の歩き方を意識して、
正しい歩き方をすることが外反母趾の予防・対策となります。