注意事項

注意事項

靴を替えただけでは外反母趾の根本的な改善にはなりません。
厳しく聞こえるかもしれませんが、痛みは一時的に治まっても再発の恐れは高いと言えます。
自分の足に最適な靴を選ぶことが重要ですが、
靴はあくまでも補助的なものと考えておいた方が良いかと思います。

 

外反母趾になったからと幅広の靴を履いて安心していませんか?

「幅広で柔かい靴は足に優しい」というのは、少し間違った考え方と言えます。

 

外反母趾対策として幅広の靴が主流になっていますが、
残念ながら、幅を広げただけの靴では逆効果になってしまう場合があります。
幅広の靴に替えると、痛みは一時的に治まります。
しかし、これは治ったわけではなく、横幅が広くなったことで、
出っ張っていた親指の付け根が当たらなくなっただけなのです。
決して形が良くなったり変形が止まったわけではありません。
痛みがなくなった後も履き続けていると外反母趾が進行し悪化してしまうこともあります。

 

しかし、足の変形や痛みは靴だけが原因ではありません。
自分自身に外反母趾の原因が潜んでいることを忘れてはいけません。

 

外反母趾は足の横のアーチの崩れが原因の1つです。
ここをしっかりと押さえないと外反母趾の根本的な改善にはなりません。
自分の症状を把握した上で取り組めることを実施していくことが何よりも大切です。
靴下、サポーター、テーピングなどの対策、
マッサージやトレーニングで正しくバランスがとれる足そのものを鍛えること、
さらには正しい歩行をすることがとても大切です。

 

足には縦横2つのアーチがあるのをご存知でしょうか?

縦のアーチは「土踏まず」です。
この縦のアーチが崩れると「偏平足」になります。

 

横のアーチは親指と小指の付け根を取り巻くアーチで、
足の甲部分の5本の骨を束ねる靭帯が緩むことで「開帳足」になります。

 

痛くないからと幅広の靴を好んで履いていると、
この横アーチが崩れて足幅が広がり外反母趾がひどくなってしまう恐れがあります。
痛みが増して歩かなくなり、足の筋力が落ち、症状が悪化するという悪循環に陥りかねません。

 

では、良い靴とはどんな靴なのでしょうか?