知識を高めましょう

改善に向けて

足を守る為の靴でも間違った選び方をしてしまうと外反母趾を悪化させてしまいます。
自分の足に合わない靴を履き続けることは、指の変形や痛みを生じさせる原因になります。

 

よく「ハイヒールは外反母趾になりやすい」と言われますが、それだけが原因ではありません。
確かに履くことをやめれば足はラクになったように感じると思います。
しかし、足の機能は回復していませんので症状自体は何も変わっていません。

 

外反母趾の改善で最も大切なことは、
一時的な改善方法ではなく、一度回復したら再発しない改善方法です。

 

痛みを伴う人、素足を見せたくない人、悩んでいる人は多いと思います。
ここでは外反母指対策として、靴選びのポイントや注意事項などを解説していきます。
対策を練り、改善に努めていきましょう。

注意事項

靴を替えただけでは外反母趾の根本的な改善にはなりません。
厳しく聞こえるかもしれませんが、痛みは一時的に治まっても再発の恐れは高いと言えます。
自分の足に最適な靴を選ぶことが重要ですが、
靴はあくまでも補助的なものと考えておいた方が良いかと思います。

 

外反母趾になったからと幅広の靴を履いて安心していませんか?

「幅広で柔かい靴は足に優しい」というのは、少し間違った考え方と言えます。

 

外反母趾対策として幅広の靴が主流になっていますが、
残念ながら、幅を広げただけの靴では逆効果になってしまう場合があります。
幅広の靴に替えると、痛みは一時的に治まります。
しかし、これは治ったわけではなく、横幅が広くなったことで、
出っ張っていた親指の付け根が当たらなくなっただけなのです。
決して形が良くなったり変形が止まったわけではありません。
痛みがなくなった後も履き続けていると外反母趾が進行し悪化してしまうこともあります。

 

しかし、足の変形や痛みは靴だけが原因ではありません。
自分自身に外反母趾の原因が潜んでいることを忘れてはいけません。

 

外反母趾は足の横のアーチの崩れが原因の1つです。
ここをしっかりと押さえないと外反母趾の根本的な改善にはなりません。
自分の症状を把握した上で取り組めることを実施していくことが何よりも大切です。
靴下、サポーター、テーピングなどの対策、
マッサージやトレーニングで正しくバランスがとれる足そのものを鍛えること、
さらには正しい歩行をすることがとても大切です。

 

足には縦横2つのアーチがあるのをご存知でしょうか?

縦のアーチは「土踏まず」です。
この縦のアーチが崩れると「偏平足」になります。

 

横のアーチは親指と小指の付け根を取り巻くアーチで、
足の甲部分の5本の骨を束ねる靭帯が緩むことで「開帳足」になります。

 

痛くないからと幅広の靴を好んで履いていると、
この横アーチが崩れて足幅が広がり外反母趾がひどくなってしまう恐れがあります。
痛みが増して歩かなくなり、足の筋力が落ち、症状が悪化するという悪循環に陥りかねません。

 

では、良い靴とはどんな靴なのでしょうか?

靴選びのポイント

外反母趾用の靴は、足や身体の歪みを防ぎ関節に負担がかからない作りになっています。
しかし、外反母趾の症状や度合いにより選ぶべき靴は変わってきます。
一番良いのは、オーダーメイドかと思いますが、それなりの出費を覚悟しなければなりません。
オーダーメイドまでいかないにしても専門知識のあるフィッターがいる靴店でアドバイスを受け、
自分の足に最適な靴を選んでもらうことが賢明です。

 

自分で選ぶ際は次の三つのポイントを参考にしてみてください
  • 関節部の力が逃げないように補強してあり、足が靴の中で滑ったり、

    横幅が広がらない構造になっているもの

  • クッション性の高い靴底や靴の内部に免震インソールが使用してあるもの
  • 素材、通気性、ファッション性に優れ、歩きやすく歩行能力や運動能力を高められるもの

 

サイズを選ぶ際のポイント
  • かかとを合わせて靴を履き、足の指先に5mm〜1cm程度の余裕があるもの
  • 足先部分で足の指が自由に広げられるか
  • 歩いたときに足の甲と足先がピタリと止まり、足先が靴に当らないか
  • 歩いたときに左右がフィットしているか
  • 靴選びは足がむくんでいる夕方にする

 

これらのことを意識して靴選びを行うと良いですよ。

ハイヒールについて

ハイヒールが外反母趾を起こしやすい原因として考えられているのは、
先細のデザインが多いこと、ヒールが高いためと言われています。
5cmを越えるハイヒールは外反母趾を悪化させる要因にもなります。

 

足が前に滑らないこと、立ったときに指先にゆとりがあることが大切です。
滑りやすさは踵から土踏まずにかけての形状、内側の材質、
足首のストラップの有無により異なりますがヒールが高くなればなるほど、
滑りやすく、足先にかかる体重の割合は増えていきます。
普通の靴で立っているときは、踵と足先の体重を支えている割合は、
5:5か6:4ほどですが、5cmのハイヒールで足先に+60%ほど負担がかかってきます。

 

女性ですと出かけるときなど、どうしても足元のお洒落にも
気を使わなければならない時があると思います。
ドレスに合わせハイヒールを履かなければならない時もあると思います。
そういう時はなるべく低いヒールを選ぶなど、足先にかかる負担を抑えるようにしてください。
パーティなどでは、パーティ会場でハイヒールに履き替えるなど、
なるべくハイヒールを履く時間を短くすることも有効な手段です。

 

ハイヒールを買いたい場合下記のことを参考にしてみてください
  • つま先がスクエア型(四角)になっているもの
  • ヒールのかかとが太めで、足首が安定するもの
  • ヒールの高さは低いものを選ぶ(3〜5cm程度)

良い歩き方と悪い歩き方

外反母趾の対策・予防の一つとしては歩き方の改善があります。
どんな歩き方をすれば予防・対策となるのでしょうか。
逆に言えば、悪い歩き方をしてないかの確認が必要です。
では、外反母趾の原因となる悪い歩き方について説明します。

 

それは、ペタペタやスルスルと歩く歩き方です。
このような足の指先を使わない歩き方が悪い歩き方です。
この歩き方だと足の指を使わないことになります。
指先を使わないことで指に関係する筋肉が弱くなり、足が退化してしまいます。
同じように、ヒールが高い靴を履くと足指で踏ん張れないため、
足が退化しやすく外反母趾になりやすいことになります。

 

では、足指を使う歩き方について説明します。
まず、かかとから着地し、次に土踏まずに体重移動します。
最後につま先に体重を移動して次の一歩を踏み出してください。
この歩き方をすると、つま先で地面を蹴ることになりますので、
つま先の運動により足裏の筋力が強くなります。
つまり、かかと→土踏まず→つま先への体重移動が正しい歩き方となります。

 

この正しい歩き方を実践するには、膝を上げる、自分の適した歩幅で歩く、
背筋を伸ばす、腕を自然と振るなど、横着な歩き方をしないことが重要です。
日常的に自分の歩き方を意識して、
正しい歩き方をすることが外反母趾の予防・対策となります。