外反母趾の手術について

外反母趾の手術について

早期治療で手術は回避できます。

 

早い段階で治療を行っていけば、外反母趾の進行を食い止め、自力改善していくことは可能です。
マッサージやトレーニング、矯正などを行い、歩き方の改善など見直しを図り、
できるだけ悪化させない様に努力することが大切です。

 

手術前には、症状をみるため、X線検査を行い外反母趾角を計測します。
こちらでも解説していますが、症状が重ければ重いほど手術が必要になる可能性は高まります。

 

しかし、外反母趾が悪化したからといってすぐに手術というわけではありません。
手術に至る前に、矯正器具などによる治療が行われるケースがほとんどです。

 

外反母趾の手術は、こうした治療法に効果がない場合や
痛みがひどく日常生活が送れない人に対して施されるものと考えてください。
完治しにくい外反母趾だけに、手術が最善の方法と言い切れません。

 

また、外反母趾は手術しても術後のケアを怠ることで再発する確率が高くなります。
そもそも外反母趾というのは、普段の歩き方や姿勢などが原因で発症するものです。
つまり、根本が改善されていない場合は、再発する可能性があるということです。

 

「痛みがひどくなった」「指以外の間接が痛むようになった」など
失敗のケースも多数報告されているようです。
もちろん治ったという事例も多くありますが、希望通りの結果になることは
思っているほど多くないということです。

 

注意事項

手術しても外反母趾が完治するとは限りません。
一時的な回復はありますが、ケアを怠ると再発の恐れがあります。

 

入院、入院費用の問題もあります。
症状の度合いにもよりますが、基本的に入院は必要になります。

 

外反母趾の手術には、様々な注意点がありますので正しく理解した上で手術を検討してください。
なによりも普段の生活の見直し、改善に努めることが大切です。